生きる

 

人は生きていく中で、

様々な人に出会って世界が広がったり、

環境の変化によって新しい自分になれたり、

新しい夢が出来て新しい希望が生まれるなど、

素晴らしいことが沢山あります。

衣着る

 

人は衣服を着て生きる唯一の生き物です。

私たちはファッションを通しても、

新しい自分を発見し、

表現していくことができます。

​コンセプト

​いきる

私たちは、人が(生きて・衣着て)いくうえで

最も重要となることは何か、を考えた。

その答えは、他者との繋がりである。

理由は、自分以外の誰かがいることで自分の内側から

様々な感情が生まれたり、自分以外の誰かがいるから

何かを頑張りたいと思ったりするからだ。

全ては”人との繋がり”が

私たちの(生きる・衣着る)原動力となっている。

​・

​テーマ

​・

 

​人との繋がり

”人との繋がり”を形で表現するために、

一枚の布から様々な形が生まれたり

布どうしが偶然的な出会いをする、

ドレーピング技法を活用して制作を行った。

※ドレーピング技法とは、

はじめに平面製図をせずに

ボディ(人体模型)に直接布を当てながら

形を作っていく制作技法。

次に、そのドレーピング技法をどのような

インスピレーションをもとに形作っていくか、

を3つ決めた。

コブをウエストに沿うようにつけ、

裾に向かってフレアを出し、

柔らかい印象にすることで、

人同士が寄り添い和んでいく様子を表現。

​① 6つのキーワード

“人との繋がり”が生まれる

キーワードを順に6つあげた。

なごむ

めぐる

であう

​あつまる

まもる

むすぶ

これは

人との繋がりが巡り

新たな人に出会う

たくさんの人に出会うことで人が集まり

人と人とが結ばれ

互いに守り合うことで

私たちの気持ちが和んでいく

という人との繋がりの循環を表している。

​② 凹凸
③ マフラー

手編みの大きなマフラーで6体を包むことで、

周りの人々と支え合い共存しながら、

少しずつ成長していくことを表現した。

素材

テキスタイルは、自由に(生きて・衣着て)

ほしいという想いから、柔軟なニットの

肌になじむウール素材のものを使用。

カラーはいきる力強さを感じられるような

深い赤色をメインにした。

​デザイン画

​front 

​back

​制作工程

❶ 2分の1トワル

...6つのキーワードをもとに

2分の1サイズのボディを使って

ドレーピングを行い、

大枠のデザインを決めた。

❷ 実寸トワル

...2分の1サイズで出来たパターンを

CADで2倍に拡大し、

実寸トワルでのシルエットや

形、丈感の修正をした。

❸裁断・縫製

❹ マフラーの手編み

​デザイン&制作物
めぐる

​全身をめぐるようなデザインで、

自由にのびのびと生きて欲しいという

想いを込めて、

 

動いたときにたっぷりと

広がるように布地を使用。

フィットする部分と大きく広がる部分の

差をつけるため、パーツを細かく分け

シルエット作りに力を入れた。

そして背中の大きなコブ部分から

なめらかにフィットしたウエスト部分で

人生の波を表現。

pattern

pattern

であう

自由に道を切り開いて生きるという

想いを込めてパンツスタイルにし、

アシンメトリーのデザインにした。

また布地を引き寄せることやねじることで

偶然的な出会いを表現し、

 

その中で高い山が現れるが

乗り越えていく様子を表現。

あつまる

pattern

 

人がひとつの場所に向かって

集まることをイメージし、

布が寄せられて

一点に集まっているようなデザイン。

後ろ身頃は、コブに向かって布が

集まっているように見えるよう、

タックを様々な方向から入れた。

また、前見頃から後ろ身頃まで

布が自然に広がっていくように

デザインした。

pattern

むすぶ

たくさんの細い布どうしが

結ばれていくことで、

すべてが繋がって、一つの形に

なっていることを表現。

布を、長く、たくさん垂らすことで、

歩いたときに動きが出るような

デザインにした。

布が垂れている方向に向かって

本体のスカート部分も長くし、

左側に重心をおいた

アシンメトリーなデザインにした。

pattern

まもる

大切な人を守ることを表すため、

子供をおんぶする様子をイメージして、

後ろにコブを入れた。

自分自身を守れなければ

誰かを守ることも出来ない

胸元に布を垂らすことで

自分自身を守ることを表現。

pattern

 なごむ

後ろは、スカート部分から肩までが

繋がっているデザインにし、

人との繋がりを表現した。

コブをウエストに沿うようにつけ、

裾に向かってフレアを出し、

柔らかい印象にすることで、

人が寄り添い和んでいく様子を表現。

look

BFRのテーマであるZOKUを”続く”のゾクと捉え、

自らが(生き・衣着)続けることで感じられる様々なことを形で表現するため、

改めていきるとは何なのか?なぜいき続けるのか?ということを深く考え、

その答えを作品に落とし込むことが出来た。

 

この作品を見てくださった方に、人の(生きる・衣着る)力強さやエネルギーを感じ、

改めて自身のいきる理由や希望、人との繋がりを

考える機会にしていただきたい。

考察

designer

アパレル造形デザイン科3年

​根来 愛 

山下 紗季

 

雲類鷲 巴菜

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now